尿素がお肌に良い原理とは

女性にとって、美しい肌を維持するというのが美しい自分であり続けるためには特に重要な要素です。ですが残念ながら、人間には老いと言うのが存在しており、肌と言うのは年齢と共にどんどん潤いを失ってしまうものです。

だからこそ潤いを取り戻すために、尿素を補う必要があります。というのもお肌に尿素が必要な原理として、元々、肌の角質層の中に天然成分として存在しており、角質を柔らかくするという保湿効果を有しているからです。そのため不足した尿素を補う事で、肌のカサつきを抑え、美肌に必要な潤いを得る事が出来るという原理となっているのです。

しかも尿素には保湿成分の他にも、たんぱく質を分解するという働きを有しています。この働きがどの様な原理で美肌効果を生み出すのかと言うと、実の所、硬くなってしまった角質と言うのもたんぱく質の一種なのです。そのため尿素が分解してくれる事で、角化してしまい硬くなった肌を柔らかく潤いのある肌に戻してくれます。

 

尿素の保湿効果のメカニズム

尿素を配合している化粧品には、どういった効果があるのでしょう。
「肌をなめらかにする」とか「お肌をすべすべにする」などと説明がありますが、どういったメカニズムなのでしょう。

尿素は、人間の肌の中にもともと含まれている保湿成分です。
しかし、乾燥肌やひび、あかぎれ、しもやけなどの肌は、正常な肌に比べて角質層が乾いてカチカチになっているのです。
角質層だけではなく、真皮層までひび割れしやすい状態になってしまう事もあります。

尿素には、タンパク質を分解する働きがあり、タンパク質で出来ている角質を分解して柔らかくする効果があります。
乾燥してカチカチになった角質を柔らかくし、お肌自体も柔らかく保湿されていくのです。
これが、尿素の保湿効果のメカニズムです。

しかし、尿素の使用には注意が必要です。
極端にひどい状態の角質層が良くなっていく段階には大変効果がありますが、今の状態が良い場合には効果が感じられないのです。
肌状態をよく確認して、使用することが大切です。